証券会社でNISAとジュニアNISAと比較します。

現在、証券会社の中で最も注目されているのがNISAと、ジュニアNISAです。
株式の配当金などは以前は軽減税率が適用されて課税は10%でした。


その制度がなくなり2014年の1月から税率が20%になりましたが、それと並行して同時に始まったのがNISAという制度です。

これは少額投資非課税制度のことで、上場株式や株式投資信託について、配当金などが最長5年間非課税になるというものです。

年間の投資額120万円までというのが条件ですが、課税口座の他口座と比較するとかなり有利ですので、利用すると得です。

さらに2016年からジュニアNISAが始まりました。



これは、日本に住む0歳から19歳の未成年者の名前で口座を開設する制度で、実際の運用者は親権者等です。
つまり子供や孫の将来のために両親や祖父母が資金を運用するというものですが、こちらもうまく利用するととても得になります。



2つを比較するといくつか違いがあります。

NISAは年間120万円までですが、ジュニアNISAは80万円です。


NISAは払い出しは自由ですが、ジュニアNISAは(災害等の特別な事情以外は)18歳まで払い出しが制限されています。
18歳以降はこの制限がなくなり、NISA口座に引き継げます。

なお、口座開設時の比較として、NISAの場合は住民票とマイナンバーで行ないますが、ジュニアNISAはマイナンバーの使用のみで開設でき、住民票は不要となりました。
家族全員でそれぞれ証券会社で口座を作れるようになったわけですが、各口座で細かく違いがありますので、証券会社で確認するといいです。