神戸の賃貸契約は普通借家定期借家の2種類ある

神戸で賃貸生活を送るには、正式に契約を交わす必要があります。

ここで、神戸の賃貸には、普通借家契約の物件と定期借家の物件があり要チェックです。普通借家契約では、通常2年の契約期間が満了となると借り手に希望があれば基本的に更新が可能で、続けてその物件に住むことができます。一方の定期借家契約の物件では、契約書に記載されている契約期間が終わると原則的に更新制度はなく自動的に退去となるのが特徴です。神戸の賃貸物件全体では、普通借家契約の物件が多くなっています。

よって多くの場合更新が可能なのですが、例えば海外出張などの特別な事情で特定の期間だけ自宅を他人に貸すといったケースで定期借家契約の物件になっているとその期間しかその物件に住むことができないので注意が必要です。
神戸の賃貸物件探しで広告を閲覧していると、契約種別という項目がありここに普通借家契約・定期借家契約の別が記載されています。宅地建物取引業法では定期借家契約の物件については広告でその旨を明記することを義務付け、契約期間つまりその物件に住むことができる期間についても書かれているので必ずチェックが必要です。

神戸の賃貸物件に入居の申し込みをして、大家さんや不動産会社による入居審査に通ると正式な契約手続きのプロセスに進みます。正式な契約の前に、必ず行われるのが重要事項説明です。重要事項説明は、宅地建物取引主任者の資格を持っている人が書面をもって行うように法律で規定されています。

全ての契約内容について再確認の上で正式契約をするための説明です。重要事項説明の中でも、普通借家契約・定期借家契約の別について触れられます。重要事項説明を受けて正式に契約を交わしていれば、後になってから知らなかったでは済まなくなるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *