神戸の賃貸物件現地見学では周辺環境をチェック

神戸での賃貸探しで気に入った物件が見つかったら、早速現地見学をします。

不動産会社のお店で閲覧できる物件広告でいろいろな情報を入手することはできますが、現地見学は必ず必要です。神戸の賃貸物件を実際に見ると、広告からはわからないことを知ることができます。物件広告には建物の方角が記載されていますが、例えば南向きの物件であってもその方向に高い建物があればイメージするような日照が得られないこともあり、こういったことは現地見学をして初めてわかることです。

現地見学の時には神戸の賃貸生活がスタートしたら過ごすこととなる室内にばかり気持ちがいってしまいがちですが、周辺にも目を向けます。窓やサッシがあったら必ず開け閉めをしてみて、ベランダやバルコニーがあれば外に出てみることが必要です。ベランダなどから周辺を確認して、日当たりを遮る建物がないか・自分の借りる部屋よりも高い位置からの視線は大丈夫か・騒音やにおいの原因になりそうなところがないかなどをチェックします。

物件の周りはもちろんなのですが、駅や最寄りバス停から物件までの様子も現地見学時のチェックポイントです。駅の近くに日常の買い物ができるスーパーがあるかや営業時間、コンビニ、ATM、ドラッグストアその他自分が普段利用しているお店や施設があれば便利に生活できます。駅やバス停から実際に歩いてみることは、通勤や通学時間を正確に把握するという点でも有意義です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *