神戸で賃貸物件を探す際のポイント

賃貸物件選びの際には、その土地特有の情報を知っていると決め易くなります。

何を重視するかは人それぞれですが、今回は移動手段と街の雰囲気に絞って神戸を見ていきましょう。神戸は北に山、南に海があり方角が解りやすく坂道の多い都市です。方角は山側・浜側と表現することも多くあるので覚えておくと便利です。山側は夏は浜側より数度涼しいですが、冬は雪が降る地域も有り少し寒く、暖房費が掛ります。また、交通機関の最寄駅から遠いエリアが多く、路線バスがあっても本数が少ない、最終が早いとの理由で自家用車がないと不便なところです。

ご自身で運転をされない場合は気軽にタクシーを使える方、運転されないご家族がいらっしゃる場合は送り迎えを車で出来る方には良い場所とも言えます。因みに山側と言っても、裕福な神戸の山の手という意味と、単純に山の上という両方の意味があります。
前者は高級賃貸で、後者は通勤等に時間が掛かる分、土地代が安く賃貸料も安くなります。山側は住宅街が殆どで静かです。バスや自家用車は使わず、電車をメインの移動手段としたい人は、JRや私鉄沿線の物件を選ぶ方が良いでしょう。この沿線は比較的勾配が少なく自転車の利用率が高いエリアです。

行動範囲が坂道の多い南北に広がるものではなく、主に東西の方向であれば自転車での移動はより便利です。賃貸物件は駅に近いほど人気が高く賃料も高めです。浜側は海風が強いところも見られますが下町である場合が多く、食料品等を近隣の個人商店で買ってお店の方と温かい会話をしながら生活をしたい方等にお薦めです。このエリアは古くて広めの安い物件と新しく建て替えた物件がかなり混在しており、予算が限られている人には選択肢が増えるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *