神戸の賃貸物件探しで家賃の予算を立てる時は

神戸の賃貸物件探しでは、まず最初に借りたい物件の条件を整理します。

家賃は、条件の第一として多くの方がはじめに考える項目のひとつです。神戸で賃貸物件探しをする時の家賃の目安として、一般に月収の30パーセント以内と言われています。この目安にはいくつか注意点があり、神戸で安心した賃貸生活を送るために大切なポイントです。月収は、固定の収入つまり臨時の諸手当や賞与などは含めない金額をベースとすることが基本になります。

いろいろな手当やボーナスなどを見込んで30パーセントの上限いっぱいで予算を立ててしまうと、手当やボーナスが少ないあるいはなかった時に家賃の支払いに即影響してしまいます。もうひとつ、実際に神戸での賃貸生活がスタートすると、毎月必要なお金は家賃だけではないということです。

入居者は、家賃に加えて管理費や共益費という名目のお金を支払います。管理費・共益費は、神戸の賃貸物件に入居している人達がお互い一緒に使うエレベーターや廊下など設備機器やスペースの清掃やメンテナンスなど維持管理のために使われるお金です。駐車場や駐輪場の費用も、忘れずに予算に入れる必要があります。

純粋な家賃だけではなく、管理費共益費や駐車場関連の費用も住宅関係として合わせて月収の30パーセント以内で予算を立てておけば後になって慌てずにすみ安心です。家賃は、交通の便とも密接に関係しています。駅に近い物件の家賃は高額ですが、特に特急停車駅などアクセスのよい駅の近くの家賃は高めです。家賃の予算を立てる時には、通勤や通学のアクセスを考えながら最寄り駅をひとつずらすだけでかなり家賃の相場が下がることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *