神戸の賃貸契約で必要な敷金とは

神戸で賃貸生活をするにはお金が必要です。

物件に入居してから毎月家賃や管理費を支払うのは当然ですが、正式に契約を交わす時にはある程度のまとまったお金を用意する必要があります。

これが初期費用と呼ばれるお金です。初期費用にはいくつかの名目の費用があります。そのひとつが敷金です。敷金の相場は、地域や不動産会社によって若干の違いはありますが借りる神戸の賃貸物件の家賃2か月程度とされています。

初期費用のお金は、それぞれに支払う目的がありどこに支払うかも決まっているものです。敷金は、神戸の賃貸物件に契約する人から大家さんに渡します。

目的は、神戸の賃貸物件に契約するにあたっての担保金です。敷金を支払う目的については、民法の中でも契約の担保金として正式に規定されています。敷金が担保する内容は、物件に契約する人の義務です。

契約者の義務として、第一に家賃をきちんと支払うことがあります。そして原状回復の義務です。原状回復の義務では、借りていた物件を解約して退去する時には室内を入居時の状態に戻して大家さんや不動産会社に返却します。

実際には、経年による劣化分については原状回復の義務の範囲には入らないので、故意や過失に近い原因でできたキズや汚れを自己負担で修理やクリーニングするのが原状回復の義務です。敷金は、この義務を担保つまり家賃の滞納分と原状回復の費用に充てられます。物件から退去する時には室内のクリーニング代や家賃に延滞があれば清算し、残金があれば返還されるのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *