神戸でペット可賃貸物件を探す時には特記事項に注意

最近は、ペットと一緒に入居できる賃貸物件が増えています。

神戸でもペット可の物件が増加中です。

神戸でペット可の賃貸物件を探す時には、いくつか注意事項があります。

一緒に暮らせるペットの種類は、まず最初に確認しておくべき項目です。飼育するのに都道府県や市町村に届け出をすることが義務づけられている特別な動物に限らず、犬や猫のような身近な動物についても制限を設けているペット可物件があります。

犬は不可で猫のみ可とか、犬は小型犬のみ、あるいは種類を問わず1頭だけなど買う動物の種類や数に条件が付けられていることがあるので要注意です。

神戸の賃貸物件に契約する諸条件のうち、ペット可の部分については特記事項となります。契約の前には重要事項説明があり、この説明は契約内容や条件を一つずつ書面をもって丁寧に再確認することが目的です。ペットの飼育についても、特別事項や禁止事項を確実に理解・納得しておく必要があります。重要事項説明を受けた上で正式に契約書を取り交わしていれば、後になって禁止事項にあたっていても知らなかったでは済まなくなってしまうので注意が必要です。

神戸の賃貸物件に入居する時には、初期費用のひとつとして敷金を大家さんに渡すのが一般的ですが、ペット可物件ではそうでない物件と比較してこの敷金が若干高めに設定されていることがあります。

これは、敷金が家賃の滞納とともに退去時のクリーニングや修繕の費用に充てられるからです。ペットと一緒の生活では、どうしても壁の傷やにおいのリスクが高くなってしまいます。そのため、クリーニング費となる敷金が若干高額です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *