神戸の賃貸物件に入居する時の近隣戸への挨拶

神戸で気に入った賃貸物件が見つかり、申込み・入居審査・重要事項説明・契約書の取り交わし・必要な費用の納入が全て済んで鍵を受け取ったら入居できます。

神戸の賃貸物件に入居の際には、近隣の部屋の住人に挨拶をしておくと引っ越し作業もしやすくなるなど、今後の生活がスムースです。

近くの部屋の住人への挨拶については、物件を紹介してくれた不動産会社から両隣、同じフロア全戸に、建物の全戸になどアドバイスがあればそれに従います。

不動産会社から特に指示がなければ、戸数にもよりますが両隣あるいは同じフロアそして自分の部屋の真上と真下の住人挨拶をするのが一般的です。

入居の挨拶に行くタイミングは、引っ越しの当日か翌日とできるだけ早く顔を出しておくのがポイントで、手土産を用意します。引っ越しの挨拶の手土産は、どこの家庭でも必ず使う物・いくつあっても困らない物と考えると簡単です。

タオルや、使えばなくなる石鹸などが定番として多くの方に手土産に選ばれています。

食べ物にする場合は、好みが大きく分かれない物で日持ちがするお菓子、紅茶とシュガーのセットなどから選ぶと安心です。

手土産は、近所で買ってきたことがわかる物だと間に合わせのような印象を与えてしまいますので、購入するお店に注意します。もし遠方から転入してきたのであれば、その土地の特産品などを手土産に選ぶのもひとつの方法です。

神戸の賃貸物件に入居する時、近くに大家さんが住んでいるケースでは大家さんにも忘れずに顔を出して挨拶をしておくと、ゴミ出しのルールなど細かいことも丁寧に教えてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *