神戸の賃貸物件に契約する時に必要なカギ交換の費用

神戸の賃貸物件に正式に契約する時には、敷金と礼金・仲介手数料・翌月分の家賃などから成る家賃6か月分程度の初期費用が必要です。

初期費用の目安は家賃半年分ですが、実際にはそれ以外にも諸費用がかかります。

そのひとつが、カギ交換の費用です。神戸の賃貸物件においては、入居者が入れ替わるタイミングで玄関のカギが交換されます。

その部屋の前の居住者や、別の誰かが部屋の合鍵を持っている可能性があるとなると同じ鍵のまま新生活をスタートするのは防犯上不安が残ってしまうからです。神戸の賃貸物件の玄関のカギは、退去者があった時に大家さんの負担で交換している場合と、新しい入居者が決まった時点で入居者負担で交換するケースがあります。

一口に玄関の鍵の交換といっても、その方法はいろいろです。ホームセンターなどで部品を購入し、自分で鍵交換をする簡単な方法もこともできます。安心感という点では、カギの専門店に交換を依頼するのが一番です。

カギの専門店では錠だけではなくシリンダーごと交換も可能ですし、ピッキングされにくい仕様のカギやワンドアツーロックの補助錠の取り付けなどの相談にも応じてもらえます。

神戸の賃貸物件に正式に契約する前には重要事項の説明があって、全ての内容について宅地建物取引主任者の有資格者が行う説明会が必須です。

この重要事項の説明会でカギ交換の費用に触れたら、どういった方法で交換したかを確認しておけば安心して神戸の賃貸生活をスタートできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *