神戸の賃貸物件から退去する時の原状回復の義務

神戸の賃貸物件に契約して居住している人は、大家さんや不動産会社の大切な資産である部屋を借りています。よって、毎月の家賃を延滞していないからといってもどんな使い方をしても自由というわけにはいかず、借り手には責任や義務があります。

神戸の賃貸物件に居住する人の義務のひとつが、原状回復の義務です。原状回復というのは、該当の物件の契約を解除して退去する時には室内を入居時の状態に戻して返却して下さいという意味を持ちます。原状回復のための修理やクリーニングの費用は、借り手の自己負担です。

入居当時の状態といっても、どんな物件も年数の経過によって自然な劣化や汚れが発生します。この自然な劣化が経年劣化です。不動産取引を管轄する法律である宅地建物取引業法では、原状回復の義務が発生するガイドラインを設けています。

このガイドラインでは、経年劣化については借り手の原状回復の範囲に含めないという規定です。神戸の賃貸物件から退去する時には、大家さんや不動産会社による明け渡しのチェックがあります。

明け渡しのチェックは、入居時と退去時の室内の様子を比較して借り手の自己負担で修理やクリーニングをしてもらう範囲を決定するために行われるものです。自然な経年劣化を除くと、借り手の故意や過失によってできて傷や汚れなどを自己負担で修繕することとなります。

敷金は、家賃の滞納とともに原状回復の費用の担保金として最初に預けておくものです。必要な修理やクリーニングの費用を清算後、敷金は返金されるのが一般的なので借りた神戸の賃貸物件を丁寧に扱うことで結果的には初期費用を節約することができるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です