神戸の賃貸物件に契約する時には前家賃を支払う

神戸の賃貸物件に契約する時には、初期費用としてある程度まとまった金額を用意します。初期費用の中に、前家賃が含まれています。前家賃というのは翌月分の家賃です。賃貸物件の家賃は月払いの前払いが基本なので、正式に神戸の物件に契約する際には翌月分の家賃を請求されます。

前家賃は翌月分の家賃なので、正式に契約を交わした月から入居を希望するということであれば契約当月分の家賃も必要です。当月分の家賃は、1か月分の家賃を日割り計算した上でその月があと何日残っているかで残日数分の金額を請求されます。

ここで、今まで住んでいたところが賃貸の住居であった場合は新居の前家賃と旧居の家賃と重複してしまうケースがあり要注意です。これを二重家賃と言います。神戸で賃貸物件どうしの引っ越しをする場合は、旧居の家賃支払いがいつまでになるかを確認しておくことが二重家賃の期間をできるだけ少なくするためのポイントです。

家賃の支払いがいつまでになるかは、契約書や重要事項の説明書に明記されています。解約に関する項目に退去の申請をする期限が定められていますが、それが2か月前までとされていれば解約して退去しますと申し出をしてから2か月感は家賃を支払う義務があるということです。

旧居の家賃支払いがいつまでになるかを最初に把握し、支払いが終わるタイミングで新居の家賃支払いが始まるように契約できればベストです。神戸でも、最近は何か月分かの家賃が無料となるフリーレント物件も登場しています。

新居がフリーレント物件なら、前家賃・当月分の日割り家賃を節約可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です