神戸市内は場所によって大きく変わり賃貸も様々です

関西圏の中でも、神戸市は非常に広く、市内でも場所によって環境は大きく変わります。市内の賃貸物件も、場所に行って周辺環境は大きく変わるので、家賃の違いも大きいです。神戸市の東側は、関西圏の中心部に近く、通勤や通学に非常に便利な場所です。

また、高級住宅街が多く、路線も複数走っているうえに、バス停も数多くあります。また、スーパーやコンビニも多いうえに、カフェやイベント会場なども整備されており、非常に住みやすい地区とされています。市内の東側は、家賃が非常に高いところが多いです。

しかし、有名な大学がたくさんあるので、学生マンションも多いところです。神戸市内の南側は、海に面しています。南側は、下町の雰囲気が強く、高級住宅街などはありません。安い居酒屋やスーパーが多く、家電量販店などもあります。

最近は駅周辺の再開発なども進んでおり、大型百貨店などもできてはいますが、狭くて入り組んだ道が多く、トラックなどの通行が難しいところもあります。南側は、賃貸物件の家賃は高くはないところです。下町の雰囲気が好きな方は、気に入る可能性があります。

ただ、大学などに通うには、若干不便なところではあります。神戸市は、地区によって様々な特徴があり、賃貸物件の様子も変わってきます。人によって、どんな場所に住みたいかといったことは当然分かれるので、ミスマッチを防ぐためには、自分で実際に調査をしてみる必要があります。

神戸には、賃貸を扱っている不動産屋は多数あるので、情報収集には困りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です