神戸の賃貸物件探しは初期費用もチェック

神戸で賃貸物件を探しているのなら、初期費用としてどのくらいかかるのかもチェックしておく必要があります。毎月支払いが可能となるような家賃の金額であることは重要なのですが、神戸の賃貸物件の中でも初期費用に家賃の半年分ほどの費用を用意しなければならないこともあります。

主な初期費用の内訳としては、敷金と礼金、仲介手数料があります。敷金では、神戸のその賃貸物件を借りている間に家賃を滞納してしまったという場合に使われたり、退去後に大家さんが貸していた部屋をチェックしたところ、壁紙や柱、設備などを異常に汚したり壊されてしまった場合の修繕費として利用されることになります。

しかし、経年劣化は含まれず何もなければそのままの金額が返金されることになるので、高額な敷金であっても備えとして不安に感じることはありません。また、お礼のお金でもある礼金は大家さんへ支払われることになるのですが、人気がある賃貸物件になると数カ月分になることもあります。

逆に、なかなか借り手がつかなくてそのまま放置しておくよりも早く借り手を付けたいという大家さんが、礼金無料として設定していることもあります。仲介手数料では、不動産屋に大家さんを仲介してもらったお礼としてのお金となります。

仲介手数料の場合には、高くても一ヶ月分の家賃の金額までに設定するように法律で決まっています。また、不動産屋が所有する物件であれば、仲介手数料はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です