神戸で賃貸物件を借りる時の初期費用

神戸で一人暮らしを始めてみたいと考えている場合、毎月の家賃の金額だけでなくさまざまな費用のことも考えておかなければなりません。一か月あたりの家賃が手頃であっても、そこで生活をしていくには電気、ガス、水道代がかかることになり、使ってなくても基本料がかかってくるので0にはなりません。

何かと毎月お金がかかることになるので、生活費も考えて家賃の金額を見直す必要が出ることもあります。また、神戸の賃貸物件に入るための初期費用についても計算しておく必要があります。入居の際には、ある程度のまとまった費用が必要になる場合もあります。

賃貸契約を結ぶときには、大家さんへお礼のご挨拶として礼金を支払うように設定されていることがあります。礼金は、一般的には2ヶ月ほどの費用が掛かることになりますが、中には0であったり数カ月分が必要という物件もあります。

その物件の人気によっても礼金の金額は変わるものであり、なかなか借り手が付かなかったという神戸の物件の中には礼金なしということもあります。他にも、不動産屋にその賃貸物件を紹介してくれたお礼としては仲介手数料という形で支払います。

仲介手数料は、最大でも家賃の一ヶ月分だけと法律で決められています。0.5ヶ月などに設定されていることもありますが、最大の1ヶ月で設定されていることがほとんどです。これ以外に、もしもの場合の備えとして敷金が必要になってきます。

何もなければその賃貸物件を出る時に返金されるものであり、家賃滞納や設備を壊してしまった場合に利用がされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です